通信講座を利用しよう

独学で挫折したら通信講座で挽回を

宅建試験に挑戦する人のほとんどが、独学での受験を検討しているのではないでしょうか。
不況のご時勢、試験勉強にはできるだけお金をかけたくないという人も多いと思いますし、書店などで市販されているテキストを使って手軽に勉強が始められるので、6割近い受験者が独学で宅建試験を受験している、というデータもあります。

独学で宅建を受験するのが、一般的であるようにも思えますが、たくさんの受験者が独学で挑戦しているからといって、誰もが確実に合格できるわけではありません。
独学はテキストや問題集を買い集めることから、学習スケジュールの管理、モチベーションの維持まで、すべて自分自身で行う必要があります。
本人の努力や膨大な学習時間、持久力、耐久力などが必須となってきますので、すべての人に向いている学習方法であるとは言いがたいのです。
法律系国家資格の入門といわれている宅建ですが、10人に8人は不合格となってしまうのが現実です。

「去年独学で受験したけど失敗した」という方や、「独学ではどうしても勉強が長続きしない…」という人は、通信講座の受講を検討してはいかがでしょうか?
宅建試験を研究し尽くしたプロである通信講座は、受講生が学習しやすいように工夫を重ねた教材で、確実にそして迅速に合格へと近づけてくれます。
資格スクールに通学するとなると、「仕事が忙しくて決められた時間に通学できない…」、「教室が遠くて通学できない…」といった問題がありますが、通信講座ならその心配はいりません。
通信講座は、独学と同じように学習スケジュールを自分で管理しなければならないのですが、サポートシステムが充実していますので、途中で挫折することも少ないと思います。

短期で確実に合格を狙っている人は、通信講座という強い味方をつけて試験に臨むことを検討しましょう。

次のページ >>

>>この合格率でこの価格!?フォーサイトの宅建講座が激安!!