合格するための効果的な勉強法とは

問題集を中心とした学習法で効率よく合格へ近づく!

宅建試験の勉強法は、大学入試のような一般的な試験の対策とはちょっと違っています。必要なのは、テキストと問題集(過去問)という部分は一緒なのですが、その使い方が異なってくるのです。
一般的には、テキストをある程度読み込んでから問題集を解く、というのが王道だと思いますが、宅建試験の場合、学習の基礎となるのがテキストではなく問題集。学習の初めから、いきなり問題集を読み込んでいき、分からないところや間違えたところをテキストで確認するという勉強法なのです。

なぜこのような方法を取るのかというと、宅建試験におけるテキストと問題集の位置づけからご説明しなければなりません。
宅建試験のテキストは、大学入試の教科書(高校の教科書)とは異なり、これまで出題されてきた試験問題を元に、出題傾向などを分析して作られているものです。分かりやすく大学入試に置き換えてみると、「各大学別の入試の過去問題集である『赤本』を元に、高校の教科書が作られている」とでも言えるでしょうか。
宅建試験用のテキストは、過去の本試験問題を基準として作られているのです。

さらに、宅建の試験問題は(ほかの資格試験も同様ですが)、過去10年間に出題された問題を再構成して出題されているケースが多いということも見逃せません。
これは、毎年同じような問題を出題することによって試験のレベルを統一させ、合格率が極端に上下することを避けるためでもあります。(これは前のページでも少しご説明しましたね)

ですから、宅建試験の勉強の中心となるのは問題集(過去問)というワケです。
高校や大学入試のときのように、あらゆる知識を総合的に身につけるのが目的なのではなく、宅建試験に合格することだけが目的なのですから、ひたすら本試験に出題される問題が解けるように訓練するのです。
過去10年分の過去問を、覚えるまで何度も解いて、コンスタントに7~8割正解できるようになれば、テキストさえ必要なくなるかもしれません。
それだけ、問題集の繰り返し学習が必須なのです。

次のページ >>

>>この合格率でこの価格!?フォーサイトの宅建講座が激安!!