宅建 合格率

合格率から見えてくる宅建試験の必勝法とは

宅地建物取引主任者の資格は、“宅建”と呼ばれて親しまれています。
不動産会社に勤務する人や、金融業界、住宅メーカーなどでも取得が推奨されているそうです。
そのほかの企業でも取得する人が増えていますので、現在最も人気の高い国家資格のひとつと言えますね。

宅建資格を取得するには、不動産に関する法律についての知識を持っていることが条件で、宅建試験は法律系国家資格の登竜門とも言われています。
法律系の国家試験の中では比較的取得しやすいとされていますが、実際は合格率がかなり低く、10人の受験者のうち1~2人しか合格できない狭き門でもあります。

不動産関係に就職を希望している方や、上司に取得を勧められている方など、受験の動機はさまざまだと思いますが、宅建試験は法律を学んだ経験のない人にとってかなり難しく、挫折してしまう方も多いと聞きます。
そこで、受験者の皆さんが挫折せずに勉強を続けられ、無事に試験に合格できるよう、宅建試験に関する情報を集めたサイトを開設することにしました。
宅建試験の合格率や合格点の秘密、効率よい勉強法など、これから試験を受けたいと思っている方に役立つ情報をたくさんご紹介したいと思います。

取得を焦っている人も迷っている人も、このサイトを参考にして、一緒に宅建試験にチャレンジしましょう!

次のページ >>

>>この合格率でこの価格!?フォーサイトの宅建講座が激安!!